注意!シャンプーの成分には気をつけよう!

髪の毛のことを気にしている方は、自分が使っているシャンプーにどのような成分が含まれているのかを知っておきましょう。
シャンプーの成分には頭皮に良い影響を与えるものもあれば、頭皮に悪影響を与えるものも存在しています。
良い成分がたくさん含まれているシャンプーを使うことによって、髪の毛がいつまでも若々しい状態に保たれて、ツヤやコシが失われることもありません。

頭皮に良いシャンプーを使いたい方は、アミノ酸系のシャンプーを使うようにしましょう。
美容室などで使われているシャンプーはとても髪に馴染んで、使い心地が良さそうですが、あれは全てアミノ酸系のシャンプーが使われています。
アミノ酸というのは髪の毛を構成している成分の材料となっているので、髪の毛にもよく馴染むのです。
ただし、アミノ酸系のシャンプーは一般のシャンプーよりも洗浄力が劣ることが多いので、しっかりと洗う必要があります。

頭皮に良いシャンプーの成分は理解できたと思いますが、それでは頭皮に悪いシャンプーの成分は?と疑問を持つ方も多いでしょう。
まず、ラウリルや硫酸という文字が成分表の中にある場合はそのシャンプーを使うのは避けましょう。
これらが含まれているシャンプーは洗浄力がかなり強いために、頭皮にある皮脂を必要以上に取り除いてしまいます。
これによって、シャンプーをした後に髪の毛がきしんだり、すぐに乾燥しやすくなってしまうのです。
また、シリコンが含まれているシャンプーも使うのは止めておいた方が良いでしょう。

↓ 「発毛促進」「血流促進」「フケ・かゆみ抑制」の3大育毛成分 ↓

なぜこんなに自信があるのか? →